外貨預金口座のおすすめ: 積立FXとの比較メリット

外貨預金に関する投資は、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。しかし、適切な知識と情報がなければ、リスクを冒すことになりかねません。この記事「外貨預金 口座 おすすめ?安定通貨の選び方」では、外貨預金の基本的な知識から、為替手数料の比較、米ドル定期預金の特別金利キャンペーン、そして2023年のアメリカドルの動向について詳しく解説しています。さらに、外貨預金と積立FXの違いや、それぞれのメリット・デメリットについても触れています。外貨預金口座を選ぶ際の参考として、ぜひ本記事をご活用ください。

ポイント
  1. 外貨預金の基本的な知識とそのメリット・デメリット
  2. 為替手数料の比較と各銀行のランキング
  3. 外貨積立(ラク積)と外貨預金の違いとそれぞれの特徴

外貨預金口座のおすすめ選び方

外貨預金の基本知識

外貨預金とは、外国の通貨で預金を行うことを指します。現在の私は、外貨預金のメリットとして、高い金利や為替の変動による利益のチャンスを挙げることができます。しかし、為替の変動によるリスクも存在するため、しっかりとした知識が必要です。

為替手数料の比較・ランキング

銀行名 為替手数料(片道)
GMOあおぞらネット銀行 2銭
住信SBIネット銀行 4銭
PayPay銀行 5銭
楽天銀行 25銭
三菱UFJ銀行(インターネットバンキング) 25銭

為替手数料ランキング:

  • 1位 GMOあおぞらネット銀行: 2銭
  • 2位 住信SBIネット銀行: 4銭
  • 3位 PayPay銀行: 5銭

為替手数料は、外貨を購入または売却する際に発生する費用です。例えば、1000ドルを購入する際、手数料が1%であれば、10ドルの手数料が発生します。この手数料は、銀行や証券会社によって異なるため、比較・ランキングを参考に選ぶことが大切です。

米ドル定期預金の特別金利キャンペーン

多くの銀行では、米ドル定期預金の特別金利キャンペーンを実施しています。このようなキャンペーンを利用することで、通常よりも高い金利を受け取ることができるので、積極的に活用すると良いでしょう。

2023年、アメリカドルが主役として君臨?

2023年における外貨投資の舞台で、アメリカドルはその強固な経済基盤と金融政策の安定性から、多くの投資家にとって魅力的な選択肢として位置づけられています。アメリカの経済指標や中央銀行の政策動向を考慮すると、アメリカドルは他の主要通貨と比較しても一段と有利な条件を持っていることが明らかです。しかし、通貨投資はリスクも伴うため、アメリカドルを選択する際も、その背後にある経済データや政策の方向性をしっかりと把握し、戦略的な判断が不可欠です。

外貨預金のシュミレーション方法

外貨預金のシュミレーションは、将来の利益やリスクを予測するための重要なツールです。このシュミレーションを行うことで、適切な預金額や期間を決定することができます。

GMOクリック証券:外貨普通預金シミュレーター

外貨預金口座の選び方と注意点

ドル積立の大きなメリット

ドル積立のメリットとして、為替の変動リスクを分散することができる点が挙げられます。また、定期的に少額ずつ積み立てることで、長期的な資産形成を目指すことができます。

外貨預金のリスクと対策

外貨預金には、為替の変動リスクや金利の低下リスクが存在します。為替の変動リスクは、外国通貨の価値が変動することにより、損失を被る可能性があることを指します。一方、金利の低下リスクは、預金金利が下がることにより、期待した利益を得られない可能性があることを指します。これらのリスクを適切に管理するためには、定期的な市場の動向のチェックや、複数の通貨での分散投資などの対策が考えられます。

実は・・・おすすめしない外貨預金の理由

外貨預金のための証券口座をおすすめしましたが、実は外貨預金には大きなデメリットもあります。
そのデメリットをカバーできるのが「積立FX」です。
以下が比較です。

項目 積立FX 外貨預金
手数料 5銭 3銭
もらえる利息 2.34% 0.7%
利息がもらえるタイミング 毎日 月に1回
運用先が倒産した場合 全額返還 ペイオフの対象外
レバレッジ 1倍、2倍、3倍から選択可能 なし
税金面 申告分離課税 雑所得で総合課税
  1. 手数料:積立FXの手数料は5銭、一方で外貨積立の手数料は3銭です。これは、1米ドルあたりの差として2銭(0.02%)となります。
    積立FXのほうが高い!!のですが、100万円(1万ドル)で2銭の差を計算すると、下記のとおりです。

    ※1ドル=100円で計算

    5銭の手数料:100万円×0.05%=500円
    3銭の手数料:100万円×0.03%=300円

    その差 200円 そんなに気にしなくて良いレベルではないでしょうか。

  2. もらえる利息:積立FXの利息は2.34%で、外貨積立の利息は0.7%です。これは、FX業者間の競争の結果、利息が高く設定されているためです。

  3. 利息がもらえるタイミング:積立FXでは毎日利息が付与され、自動で再投資されるため、複利効果が非常に高いです。一方、外貨積立では月に1回の利息付与となります。

  4. 運用先が倒産した場合:積立FXは信託保全(分別管理)されているため、運用先が倒産しても全額が返還されます。一方、外貨預金はペイオフの対象外であり、返還されない可能性があります。

  5. レバレッジ:積立FXでは、レバレッジが1倍、2倍、3倍から選べます。これにより、資金の効率を上げることができますが、最初は1倍がおすすめです。1倍であれば等価交換、つまりでリスクをできるだけ減らせるのです。

  6. 税金面:積立FXは申告分離課税となりますが、外貨預金は雑所得で総合課税となります。これにより、積立FXは税金面で有利なケースが多いです。

この比較を通じて、積立FXと外貨預金の違いとそれぞれのメリット・デメリットを理解することができます。

スワップ金利が毎日付与される理由

スワップ金利とは、外貨預金の金利差によって得られる利益のことを指します。このスワップ金利は、外貨預金の大きな魅力の一つであり、この金利差を利用することで、日々の利益を積み重ねることができます。

定期預金とドル円FXの違い

定期預金とドル円FXの最大の違いは、為替の変動リスクが存在するかどうかです。ドル円FXでは、為替の変動による利益や損失が発生する可能性があります。

外為どっとコムの「ラク積」サービス

積立FXを扱う証券会社はいくつもありますが、初心者でもわかりやすく、手数料も低めの外為どっとコムの「ラク積」を使う人が多くなっています。

外貨積立(らくつむ)の特長と内容

  1. 概要: 外貨積立(ラク積(ラクツム))は『らくらくFX積立』の愛称で、外国為替証拠金取引を指します。これは外貨預金ではありません。

  2. メリット:

    • 手軽な開始: 100円または1通貨から外貨投資を開始できます。
    • スワップポイント: 通貨間の金利差により得られる利益が毎日貯まります。
    • レバレッジ: 元本の1~3倍まで取引が可能で、金利差調整額と為替差益の向上が期待できます。
    • 低コスト: 取引コストが外貨預金よりも低く、低コスト&低リスクで資産形成が可能。
    • 柔軟性: 「満期」という概念がなく、通貨の買い増しや売却、購入額の変更が容易。
    • 税金: 利益に係る税金は一律20.315%で固定。
  3. デメリット:

    • 為替差益は日々のレートの変動によって変わるため、リスクが存在します。
    • レバレッジを利用することで損失のリスクも増加しますので1倍が推奨です!

外貨積立(ラク積)と外貨預金の違い:

項目 外貨積立(ラク積) 外貨預金
期間 満期なし、いつでも買い増し、売却可能 満期あり
保証 全額信託保全、上限なし 保証なし
税金 為替差益:20.315%、金利差調整額:20.315% 為替差益:15~55%、金利差:20%

この情報を基に、外貨積立(ラク積(ラクツム))は外貨預金と比較して、多くのメリットがある一方で、為替の変動リスクなどのデメリットも考慮する必要があります。

まとめ:外貨預金口座のおすすめ: 積立FXとの比較メリット

  • 外貨預金の基本的な概念
  • 外貨預金のメリットとリスク
  • 為替手数料の比較
  • 手数料が低い銀行のランキング
  • 外貨預金の長期的な資産形成のメリット
  • 為替の変動リスクの分散
  • 外貨預金と積立FXの違い